So-net無料ブログ作成

脳卒中の超基礎シリーズのカテゴリ記事一覧

以前は脳神経外科(脳卒中)の急性期病棟で勤務していました。読めば役立つ、現役ナースだから書ける旬な情報。看護師だけでなく一般の方も分かりやすく為になる記事です。

  • ホーム
  • »
  • 脳卒中の超基礎シリーズ

カテゴリ:脳卒中の超基礎シリーズ

高次脳機能障害を分かりやすく書いてみました。一番分かりやすい解説はこれ。

6406f4dcf0c385cb0c0e1a34d6a27f11_s (1).jpg


◆ 高次脳機能障害とは



高次機能障害とは、脳卒中や事故による頭部外傷などで脳にダメージが生じたことにより、それまで出来ていたことができなくなったり、判断・注意・行動といった社会生活を送る上で必要なことができなくなることです。


例えば、服が着れなくなる、お箸などを使ってご飯が食べられない、ものが覚えられない、集中力がない、がまんができない、計画通りにできない、指示を受けてもできないなどがあります。


これらの症状により、日常生活または社会生活になんらかの制約がある状態が高次脳機能障害です。


前まではちゃんとしていた人でも、病気やケガでこういうことになることがあります。


家族にとっては「あんなにしっかりしていたお母さんがこんなことになるなんて・・・」とショックを受けることもあります。


◆ 高次脳機能障害は、高次と脳機能障害を分けて考えると分かりやすい。



この高次脳機能障害は本を読んでもよく理解できない方が多くて、それだけ奥深い領域なのでしょう。

私の職場のナースでも、しっかり理解している人は少ないように思います。ましてや本人やご家族は知らない人がほとんどです。


しかし高次脳機能障害者をうまくサポートしていくには、しっかり理解することが不可欠です。


そこで高次脳機能障害を理解するために、分かりやすい方法をご紹介します。


[ひらめき]高次脳機能障害を理解するには、言葉を分割するとよく理解できます。


高次脳機能障害を「高次」と「脳機能障害」に分けるのです。



理解のポイント!「高次」とは「人間が持つ高いレベル」もしくは「人間が社会で生きていくために必要なもの」

「脳機能障害」とは脳がダメージを受けて「様々な機能に障害がある状態」



とこのように置き換えるとよく分かります。


お箸を使ってご飯を食べるとか、服を着るとか、指示を受けてその通りにやるとか、これらは人間が持つものですよね。


急に怒ったり、ぼーっとしたり、計画どおりにできなかったりすると、人間社会では困りますよね。


つまり「高次」とは人間が人間たらしめている能力といいますか、人間だけが持つ能力と言えるでしょう。


「脳機能障害」は脳がダメージを受けて様々な機能に障害を受けている状態です。


この「脳機能障害」だけだと、サルや犬など動物にも起こります。サルも脳機能障害を受けると麻痺が出ます。犬も感覚がなくなったりします。人間以外にも起こることなのです。


このように脳の機能が障害を受けることによって、人間だけしかできないことができなくなることが「高次脳機能障害」と言えるでしょう。


◆ 高次脳機能障害と認知症は違います。



まず認知症ですが、認知症は徐々に進行します。

症状は中核症状と周辺症状に分けることができます。

中核症状は、記憶障害などすべての認知症患者にある症状。

周辺症状は、認知症にともなって発生する行動で、物盗られ妄想や異食、徘徊など多肢にわたります。

人によっては、あったりなかったりします。



認知症の場合は、忘れやすいといっても、お箸を使ってご飯を食べるといった長年の記憶は保っていることが多いです。ポストは赤いとか、いつも使っている押し車を押して歩けたりとか、長年使ってきたことは比較的忘れない傾向にあります。

認知症は徐々に進行していくので、年々物忘れがひどくなったり、理解力や判断力が落ちてきたりします。

もの盗られ妄想や徘徊などの周辺症状は、人によっては現れたり出なかったりします。



高次脳機能障害は脳卒中や事故を原因として、発症すること多く、認知症と違って突然人が変わったように症状が起きます。

脳に器質的な損傷があるために、社会生活が送りにくくなる症状が出ます。


一方、高次脳機能障害の多くは、ある日突然起こります。


そして認知症と違って、未成年や青年といった若い年齢の人にも起きるということです。

たとえば働き盛りの人に高次脳機能障害があると、もう一度社会で活躍することが難しくなるケースがあります。

しかもなかなか症状が改善せず、今後もずーっと引きずることが多いのです。


◆ 高次脳機能障害が目に見えない障害と呼ばれる所以とは?



脳にダメージが生じると麻痺だけではなく、この高次脳機能障害に悩まされる患者さんは多くいます。

高次脳機能障害患者さんは見た目では分からないのです。一見すると、何の変哲もない普通の人のように見えます。まるで自立した生活をされているように見えます。

本人はいろいろと失敗をしたりするのですが、その失敗の原因がどこにあるのか分からないのです。


これが「目に見えない障がい」と呼ばれる所以。


パッと見は障がいがある人には見えない。

何か作業をしてもらったり、用事をしてもらったり、しばらく関わらないと何が出来なくて何が苦手なのかが分からないのです。


高次脳機能障害は医療職でもよく知らない人がいるくらい、まだまだ理解が進んでいない症状です。

一般市民も、この高次脳機能障害をよく知らない方が大勢います。

それゆえ、誤解されていることもあり、本人もご家族も大変な思いをされていることに関心が向けられていないという現実があります。


認知症と間違えて、「あの人はボケてしまったんだ」と思い込まれたりするケースもあり、難しい課題です。


本人も今まで出来ていたことができなくなったと自覚があるケースがありますが、そして自分なりに気を付けているはずが失敗を続けてしまします。

そして周りから「今まで出来ていたことができなくなっている」という声が出てそれを聞くと、本人はとてもつらい気持ちになります。


いつもの道が分からない。数が数えられない。空間の認識力が落ちて物の前・後ろが分からなくなることで混乱する。相手の話を要約することができない。

これらはやってみると「できない」。


日本はこうした患者さんのサポート体制が不十分です。


◆ 高次脳機能障害とどう関わっていくのか



特にまだ働き盛りの患者さんにとっては、生活を根本から揺るがす一大事です。

テキスト病気や事故などで突如として別の世界に入ってしまったかのような不思議な症状に悩まされているのですが、世間の認知は低い。

なので、できない、失敗することについて周りから冷たい言葉や態度をとられることがあります。

周りの人間はミスばかりする本人に対してイライラしたり、怒ったりし、やがて「もう怖くて任せられない。あの人は役に立たない」と半ばあきらめの気持ちを持たれるケースがあります。



目に見えない障がいのため、本人は元気そうなだけに余計周りはイライラしてしまいがちです。
ミスをしたことを指摘したり、怒ったりしてもすぐに改善するものではありません。
かえって本人に自信をなくしたり、口を閉ざしてしまうことにつながる恐れがあります。


本人は失敗したことを分かっているが、改善しようにもどう改善したらいいのか分からない。

気が付けば失敗していた、という感じです。


高次脳機能障害はまだまだ世間の認知は低いのが現状です。

特効薬はありません。

地道にコツコツとできることを探しながら、本人に自信を持ってもらうことが大切です。


今までの自分なら失敗しないようなことを失敗したりします。


本人は非常に生きにくさを感じます。

機能遂行能力だけでなく、精神面のサポートも必要です。


◆ まとめ




まとめ・高次脳機能障害は、今までできていたことができなくなる。

・社会で生きていく上で必要なことができなくなるため、非常に生きづらくなる。社会との繋がりが薄くなってしまう可能性がある。

・見た目は普通なので、周りの人から理解されにくい。まさに「目に見えない障がい」

・何ができて何ができないのか、本人や周りの人たちも把握していくことが大事。医療機関や公共福祉機関としっかり連携をとりましょう。

・長い目でみて、支えていく必要がある。


入院中の患者さんの場合、カンファレンス等で主治医や担当看護師、担当リハビリスタッフ等と話をする機会があります。ぜひ、カンファレンスを活かしてください。患者本人にどんな後遺症があるのか、何ができて何ができないのか。どうしたら少しでも失敗を防ぐことができるのか。


疑問を持ったまま、分からないまま自宅に退院することがないように、何でも遠慮なく病棟スタッフに聞いてください。

大切な家族の症状を理解し、長い目でサポートをしていく必要があるからです

高次脳機能障害は一人一人症状が違います。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。


※この記事は2018年11月3日に掲載されたものをリライトしたものです。

記事内容をより深く、より分かりやすく改善しました。また、内容が古くなっている箇所は新しく更新しています。記事を書きなおすことにより常に新しく正しい情報を読者の皆様にお届け致します。このように過去の記事に手を入れる必要がある場合は、適宜リライトをおこなってまいります。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

初出掲載:2018年11月3日   更新日:2019年11月22日

脳卒中とけいれん

afe5936159583d839ab6367aa68bffbb_s.jpg


脳卒中の後遺症として「痙攣(けいれん)」があります。

以前の脳神経外科の救急病院に勤めていた時は、けいれんをよく経験しました。

普通の暮らしをしていると、けいれんを目の当たりにすることはそんなに多くはないですが、脳外科の救急病院となれば、日常茶飯事というと大げさですけど、それくらいよく目の当たりにしました。

私は37歳で看護師になって最初の勤め先の脳神経外科病院で経験するまでは、けいれんをこの目で見たことはありませんでした。

普段はけいれんを目撃することはほとんどないでしょうから、初めてけいれんを目撃したときは衝撃的でした。


脳卒中のあとにけいれんを起こすことはよくあることです。

けいれんの現場に遭遇したときの対応を知っておくといざという時に役立つと思います。


◆ まずはあわてず、全身を観察する。嘔吐していたら横向きにする。

dcff8489a17e7b73503f74b9ff652f0a_s (1).jpg


一般人向けに書きます。

けいれんしている人を発見したら、まずは落ち着きましょう。「そんなのできるか!」と思いますが、ともあれ自分に言い聞かせて落ち着きましょう。落ち着かないとかえって本人のための行動がとれません。


①まず全身を見てどこがけいれんしているかを見ます。右半身だけなのか?全身けいれんなのか?

②声をかけて意識があるのかないのかを確認します。目を開けているのかどうかも見ます。声をかけるとこっちを向いたり「あぁ」と返事をしたら意識はあると思います。そうでないなら、意識はないものと考えられます。

③けいれんの時間を測ってください。たいていは数分でおさまります。その数分がものすごく長く感じられますが、どれくらいけいれんが持続したのかを見ておきます。

④もし嘔吐したら、嘔吐物が喉を詰まらせるおそれがありますから、すぐに横向けにします。

⑤おそらく数分でけいれんはおさまりますので、救急車を呼んでください。


けいれんは数分でおさまることが多いですので、落ち着いてください。

怖いのは嘔吐です。嘔吐した物が喉に詰まると窒息をする可能性がありますので、必ず横向けに寝かせてください。これで窒息する可能性は少なくなります。


◆ してはいけないのは、口に指を入れること。何かを噛ますこと。

けいれんしている最中に歯をギューッ!っと噛んでいかにも苦しそうな表情をすることがあります。歯が欠けてしまうのではないかと心配するほどの力で、ギューッ!っと歯を食いしばるのです。全員ではありませんが、そういう人がいます。

それを見ていた家族とかが、「まあ大変!そんなに歯を食いしばらないで」と口に指を入れようとしたり、歯を守るために小タオルとかを丸めて噛まそうとしたりしてはいけません。


また、嘔吐したので口をきれいにしようとして指を口に入れてはいけません。

いづれも、あなたの指が食いちぎられてしまうかもしれません。


けいれん時に口に指や噛ましを入れることは絶対にしないこと。


◆ けいれんを起こしている姿はできるだけ一目を避けたい。

9c5da10d78b0e80c4b9414128d92a863_s.jpg


たとえば電車の中とか、人通りの多いところとかでけいれんが発生した場合、多くの人目に自分がけいれんしている姿をさらしてしまうことになります。

いつどこで起きるか分からないので、致し方ないことではありますが、できるだけ一目を避けることも留意しておきたいことです。


けいれんしている人を見たことがあるのなら分かると思いますが、あれを大勢の人にさらしてしまうのは自分だったら嫌なはずなんです。けいれんを起こしている姿が本当にショッキングに映るからです。けいれんしている姿は、他人に見られたくない姿です。ましてや今どきはみんなスマホを持っていますから、大勢の中でけいれんを起こすと撮られる可能性もあります。


「そんなこと言っている場合か!」と思うかもしれませんが、けいれんを起こしている本人はどうしようもないですし、そんな姿を自分の意思とは無関係に大衆にさらしてしまうのは本当に後々つらい思い出なのです。


対策としては、周りの人が囲ってなるべく隠す。数分で治まれば一目の避けれる場所に移動する。ということも考慮してください。


◆ 抗てんかん薬を飲んでいても、けいれんを起こす可能性があります。

抗てんかん薬を飲んでいるからと言って絶対にけいれんが起こらないというわけではありません。

なので、けいれんは「起きるかもしれない」と普段から心構えをしておくことが大切です。

もし、運転中にけいれんが起きたら…

もし、調理中に起きたら…

もし、電車やバスに乗っている時に起きたら…

もし、水泳中に起きたら…


けいれんはいつ起こるか分かりません。

それゆえに大事故を起こす危険性があります。


もしけいれんが起きたら、慣れていないとびっくりすると思いますが、まずが落ち着いて本人をよく見てから119番をかけてください。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。







やはり喫煙は脳卒中のリスクを高めます。でも、禁煙は今からでも遅くはありません。

78401246eda7cefd2bf20f864621b019_s (1).jpg


「タバコは健康に悪い」こう言われて久しいですね。

タバコを吸っている人も本当は体によくないことは知ってて吸っています。

吸う理由は人それぞれですが、結局吸っているとどう言い訳しても体に悪い。

でも吸う人は何を言っても吸うのでしょう。

そんな人でも家族は諦めモードながら、やっぱり心の奥では「禁煙をしてほしい」と思っているはずです。

そこで、脳卒中に関して、タバコについて書かれていることをご紹介します。





◆ 日本だけでなく世界中で喫煙は脳卒中の発症リスクを高めることが分かっている。

喫煙は欧米において脳卒中の危険因子であることが報告されており、日本を含む各国で行われた32件のコホート研究のメタアナリシスでも喫煙は脳卒中の有意な危険因子であることが示されている。
(脳卒中治療ガイドライン2015より)

喫煙は脳梗塞、くも膜下出血の危険因子です。

脳卒中以外にも心筋梗塞などさまざまな疾患の発症リスクになるとされていますので、これを否定するエビデンスがない以上、タバコは有害と言わざるを得ないです。

しかも自分のおこずかいも減りますから、いい事は何もありませんよね。


ところが、上記に「脳出血」が入っていませんね。

これは、このメタアナリシスの病型別解析によれば、喫煙は脳梗塞とくも膜下出血の有意な危険因子ですが、脳出血の有意な危険因子ではなかったと報告されています。

なので、脳卒中治療ガイドライン2015には、この項目には「脳出血」は含まれていません。

ま、でも、タバコはやめておいた方がいい事に変わりはありません。



◆ 高血圧を持っている人はさらに発症リスクが高まります。

92180f0771cda4e12719fbb7b2fb58bf_s (1).jpg
喫煙により致死性脳卒中の発症リスクが高くなるが、高血圧患者ではさらに高くなる。
(脳卒中治療ガイドライン2015より)

高血圧によって動脈硬化が進みます。動脈硬化によって血管は柔軟性を無くします。その結果、血管はもろくなり破れやすくなります。また、血管内部が狭くなり詰まりやすくなります。

タバコは血管に悪さをします。


◆ 5~10年の禁煙で脳卒中のリスクは低下します。

f753acbb8ee813183f79c436ea1cd3b2_s (1).jpg
脳卒中のリスクは喫煙本数が多いほど大きくなり、5~10年間の禁煙により脳卒中のリスクは低下する。
(脳卒中治療ガイドライン2015より)


禁煙は遅すぎることはありません。

いつでもやればいい事が待っています。

「もう何十年と吸っているんだし、今さら禁煙て…なぁ」

いいえ、禁煙してください。


大事なことですから何度でも言います。

タバコは脳卒中のリスクを高めますが、脳卒中以外の疾患も発症のリスクを高めます。

タバコには200種類以上の有害物質、発がん物質が含まれており、吸えば体内に付着します。そして自分のおこずかいが煙になって消えていきます。

もし将来COPDになったら、息が出来ずに24時間苦しみます。酸素ボンベと共に外出や家の中を過ごします。

COPDになったら治りません。

禁煙はいつでも有効です。

それでもまだタバコを吸い続けますか?



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>






脳卒中リハビリテーションの流れはこうです。切れ目のないリハビリの実施のために仕組みがあります。

885ce0998948a613e13a6e57a6d35c62_s (1).jpg


一般的に脳卒中リハビリテーションの流れは、急性期、回復期、維持期(生活期)に分けられます。

脳卒中を発症→救急病院で治療(急性期)→回復期リハビリ病院でリハビリに専念(回復期)→退院し自宅で通院や訪問リハ等でリハビリを継続(維持期)。ざっとこういう流れになります。

こうしてみると、脳卒中を発症し救急車で救急病院に搬送されてから自宅に帰るまで、かなりの月日が経過してしまうことが一般的です。

脳卒中には麻痺や高次脳機能障害の後遺症が残ることが多く、長いリハビリの旅が始まります。

今回は脳卒中リハビリテーションの流れを解説します。




◆ 急性期ではまずベッドサイドから早期リハビリテーションを開始します。

4816520faa2ace961ef333d05bf437b4_s (1).jpg


重症度によってリハビリの開始時期は変ってきますが、状態が落ち着いてきた時点で早期にリハビリを開始します。

昔は「脳卒中は動かすな」という考えが一流の医師の間でも信じられていました。しかしこれは間違いということが分かっています。現在の脳卒中リハビリテーションは早期リハビリが鉄則です。そのほうがいろいろと体にいいことがあるからです。

長く寝ていると必ず体が弱ります。特に足腰の弱りはすごく早いのです。一週間寝たきりだと立つとフラフラです。ろくに歩けなくなります。呼吸筋、胃腸の動きなど体のあちこちが弱ってきます。

麻痺のリハビリを開始するのですが、これ以前に元々の筋肉が落ちてしまいます。

こうしたことから今では急性期から早期リハビリをスタートさせます。


SCU(脳卒中専門集中治療室)でさえ、早期にリハビリを開始します。

たとえば脳梗塞で比較的軽い脳梗塞(ラクナ梗塞)であれば、入院してきた翌日にはリハビリを始めます。

点滴をいっぱいぶら下げながらでも、リハビリをします。


ある程度症状が落ち着くと、麻痺や高次脳機能障害などが残存しているのなら、更なるリハビリテーションを行うために回復期リハビリテーション病院へ転院していくことになります。


急性期にいる患者さんが全員回復期リハビリテーションへ行くということではありません。急性期病院で退院される方もいます。私が以前勤めていた救急病院でも、回復期にいくまでもなく自宅退院された方はたくさんいました。回復期リハビリテーションに行く必要がある患者が行く、ということです。


◆ 回復期では能力の最大限の回復と社会復帰を目指して更なるリハビリテーションを行います。

34264357a0d2967f8e22f13d78a7f8e8_s (1).jpg


回復期リハビリテーション病棟では、医療側にチームが作られます。急性期よりも、よりチーム医療で動いていきます。

更なるリハビリを行うことになりますので、失った機能回復とともに、残された機能を存分に使って生活ができるようにも訓練をしていきます。必要があれば自宅にリハビリスタッフやケアマネージャー、リフォーム業者などを呼んで、患者や家族と一緒に住みやすい住環境を用意することもあります。みんなで一回自宅に行ってみようというわけです。

こうしたことをやりながら安全に自宅に帰れるように準備をしていきます。

やらなければならないことは、たくさんあります。

回復期は常に退院後を見据えて医療チームが動きます。

脳卒中の場合、最長六ヶ月間の入院が可能です。


◆ 維持期(生活期)では獲得した能力をできるだけ長期間維持するためにリハビリテーションを行います。

33b15d88d49c7786831f459621592c5a_s (1).jpg


維持期という名称は最近は使われなくなってきました。維持という言葉を使うと、「もうこれ以上の回復は見込めない」という誤ったメッセージを与えてしまうからです。

維持期(生活期)になってもリハビリは終了ではありません。

生活の中でリハビリを続けていきます。この生活の中のリハビリが実は一番重要です。その人の生活に則した動きができるように、できるだけ楽に安全にスムーズに生活が送れるようにしていく必要があります。

通所リハや訪問リハ、最近では民間のリハビリテーション施設もあります。

療法士から自主トレの方法を教えてもらい、空いた時間に自分でリハビリをする方もいます。

生活の一部としてリハビリがあります。

逆にさぼろうと思えばいくらでもさぼれます。やっている人は一生懸命やっています。この辺はいかにもその人の生活ということでしょうか。


このように脳卒中リハビリテーションの流れは、切れ目なく続いていくのが一般的です。

長い長い旅です。

回復の程度はその人によります。リハビリのやり方もそうです。

最近はオーダーメイドリハビリが主流になってきました。その人の目標、性格、習慣、社会的役割、家の構造など患者を取り巻く環境全てを考慮したオーダーメイドリハビリです。


リハビリは急性期から早期に開始し、退院支援も含めた総合的なチーム医療が最近の大きな流れです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>







「脳卒中後うつ」になる人は約30%います。脳卒中になった後、うつ症状を見逃さないで。

76eff7bbddfba821e4f641c030991df0_s (1).jpg


「脳卒中になった方の約30%がうつになる」

このような研究データがあります。


脳卒中後になんだか気分が晴れない、どうもやる気が出ない、自分なんて死んでしまえばいい、、、こういう気持ちになる方は、けっこうな数がいることが分かっています。

「一般に脳卒中では33%(18~62%)にうつ(うつ状態)を合併し、大うつは23~34%、小うつは14 ~26%に認められる」

(脳卒中治療ガイドライン2015より)


脳卒中を発症した後にうつになる可能性があります。

約1/3がうつになるなんて、すごく高い確率だと思いませんか。

こうした脳卒中後うつに対して、医療はどういうアプローチをするのでしょうか?





◆ 脳卒中後うつは、「死にたい」と思うのが2倍になる。

「脳卒中後うつは、希死念慮の出現や自殺の頻度が2倍になることとの関連が強い」

(脳卒中治療ガイドライン2015より)


脳卒中後うつになると、「死にたい」と思う率が上がります。

「なんだかやる気がでない」「何をするにもしんどい」「消えてしまいたい」

こうした気持ちの表れはうつのサインです。

脳卒中で脳にダメージがあると、脳の機能的にやる気がなくなることがあります。中にはまったくやる気がなくて、ダラダラしているように見える方もいます。

また、脳卒中の後遺症として麻痺などがあると、日常生活上のストレスや環境、身体の変化からうつを発症することもあります。

職場復帰をしても、以前と違う部署に配属されたり、思うように成果が出なくなってしまったり、そもそも会社に行くのが嫌になって終いには引きこもったりという例も。


こうしたことで脳卒中後うつを発症してしまうと考えられていますが、まだまだよく分かっていないことも多いのです。

いづれにしても、日常生活に支障が出てくる場合があります。


◆ 脳卒中後うつは、リハビリ効果を減退させる。

d5541d99ad33ec117386f67865ff535f_s.jpg


「うつを合併すると、認知機能が障害され、ADLの回復が悪く、死亡率も3倍高いとされる」

「うつが改善すると認知機能やADLも改善する」

(脳卒中治療ガイドライン2015より)


生活面やリハビリに支障が出てくるため、適切な治療を早めに開始したほうがよいということになります。

どういう治療かというと、「薬物治療」です。

医師の診察を受けて、適切な抗うつ剤は処方してもらいます。

きちんと治療をすることで、生活面やリハビリへの支障を回避します。


私の経験で、ある脳卒中後うつになった女性患者さんがいて、やはりリハビリには積極性がなく、いつも「早く死にたい」ばかり言っていました。


◆ 脳卒中後うつは、ほっとかないでちゃんと治療が必要です。

a7854ce48d8952d9572bdffce30c9003_s (1).jpg


「抗うつ薬の効果を検討した研究では、うつや身体機能の改善効果が認められている」

(脳卒中治療ガイドライン2015より)


脳卒中後うつは放っておかないで、きちんと治療をすることが大切です。

本人もさることながら、家族もちょっと気にかけてあげてください。もう本当にやる気がなくなったり、うつでしんどくなって動けない人もいます。症状が進む前に適切な治療を受けるほうがいいと思います。


ちなみに、脳卒中後うつになる前、まだ元気なころに予防として抗うつ薬を投薬することは、予防効果にならないとする研究があります。


「抗うつ薬投与によるうつ発症の明らかな予防効果は認められていない」

(脳卒中治療ガイドライン2015より)


脳卒中後うつは脳卒中後の身体面、精神面、社会面においてのストレスから発症すると考えられていますが、さまざまな要因が合わさって発症するとも言われています。

脳卒中になった方の約30%が発症するので、このことはもっと広く知っていただきたいと思います。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>







高次脳機能障害の患者さんとの関わりはどうしたらいいのか。間違った対応は悪循環になりますよ。

b658f8000a60d94a77a492f3863b692f_s.jpg


脳卒中の後遺症で「高次脳機能障害」というのがあります。

これは脳卒中になったら必ず残るものではありません。ある人もいればない人もいます。あってもその程度は人それぞれです。

この「高次脳機能障害」=(高次脳)は、外傷や麻痺と違って外からパッと見ただけでは分かりません。いや、分かりずらいというべきでしょうか。健常者にはなかなか分かりずらい症状ゆえに、周りの理解や強力が得られにくかったりします。誤解も多いこの高次脳。医療者であっても対応に困ることは多いし、医療者でさえきちんと理解できていなかったりします。それくらい奥が深いというか、まだまだ謎に包まれている症状でもあります。

対応を間違えるとかえって患者さんのやる気をなくしたり、混乱させたりします。周りの人間はどういうことを留意しておくべきなのかを見ていきましょう。






◆ 注意障害があると後で恥ずかしい思いをすることがある。

注意障害といって、普通なら気付くようなことでも気付かなくなります。特に半側空間無視の症状がある人にはよくあることです。

例えば横にあるモノの存在に気づかない。

衣服がめくれあがっているのに気づかない。

など、生活しているいろんな場面で「気付かない」のです。

別に本人がボーっとしているわけではなく、症状としてそうなります。


カーディガンを片手だけ通して、それで歩いているということがあります。当然カーディガンは片腕分しか着られていないのでだらりと垂れ下がっています。そんな状態で歩いていることがあります。それでも本人は気付いていません。普通片方の腕しか通していないなら気付くものだと思いますが、注意障害があると気付かないのです。


大切なのは、「これは社会的に恥ずかしいことをしている」と本人が分かっていることです。

スカートがめくれ上がっているのを公衆の前で指摘したり、職場で指摘したりすると、本人は大勢の前で恥をさらしてしまいます。

それは本人にとってマイナスになるだけでいい事はありません。

そっとさりげなく直してあげるのです。

「ダメじゃないの!みっともない!」

と言ったところで恥の上塗りで、本人のリハビリをする気持ちや社会の中で生きていく気持ちを殺いでしまいます。


◆ できないことを「なんでできないの?!」と叱咤激励をしてもあなたの思うようにはいきません。

480d77892d092120d37969006be25971_s.jpg


注意障害のほかにも、服が着れないとか道具を上手く使えないとかいろんな症状があります。

高次脳になるとそのすべての症状が患者に出てくるというのではなく、脳の損傷部位によって出てくる症状は違います。


これらは「症状」なのです。

本人の性格や生まれつきの癖とかとは違って、ある日突然その人に降りかかった「症状」なのです。

しかも「すぐに」改善はしません。時間がかかるものなのです。

本人も焦っていたり悔しかったり悲しかったりするものです。

つらいのは本人が一番感じています。

一見、やる気がないように見えても、本当にやる気がないのではなく歯がゆい思いもしています。

何度も言いますが、パッと見では分かりにくいのが高次脳です。

これを周りの人間は理解しましょう。



◆ 一歩家の外に出ると障がい者にやさしくない社会なのがよく分かる。

913e3e08333187ad192b727fa8d7fa0a_s.jpg


ユニバーサルデザインが叫ばれて久しくなってきましたが、公共の施設でもまだまだ不便なことが多くあります。

障がい者からすると「なんでこんなところにあるの?」「もっとこの辺にあると使いやすいのに」ということが結構あります。

これは設計者や施工者が実際に障がい者の方から意見を聞いていなかったり、健常者の利用しか頭になかったりと、ユニバーサルでない考えで工事をおこなったからです。


ほんのちょっとした気遣いでいいんです。

それだけで断然使いやすくなります。

麻痺があり注意障害があると、数センチ位置をずらしただけで助かることがあります。

行政のお偉いさんもこれが分かっていないのです。


◆ できないことよりも、まだこんなことができると思ってください。

d1cda05e479c58690901eabbb672379a_s (1).jpg


特に家族。友人。同僚。先輩。

こうした身近にいる人こそ知ってほしいと思います。

やいやい言ったところで本人はすぐにどうしようもできないので、余計苦しいのです。

言っている方は励ましのつもりでしょうが、悪気はないしむしろいい事をしているつもりでしょうが、そこは理解してください。


「しっかりしなさい」「がんばれ」と言われても、「はいそうですか」とはいかないのです。

のろのろしていると周りは思うしそう見えるのでしょうけど、そればかりは本人に言ってもどうしようもないのです。


しかし「じゃあもう何も言わないよ。一切言わない。放っておく」というのも良くありません。

本人はちょっと優しく背中を押してほしいのです。放っておかれるのは悲しいし余計やる気がなくなります。

やる気が出にくいがやる気がなくてもいいわけではない、本人は両方の気持ちが共存しています。

陰口を言われると悲しいし悔しい。

相手から見るとのろのろしててやる気がないように見えるかも知れないが、本人はこれじゃいけないと思っています。

本人も困惑しています。

これを分かりましょう。

「この患者は何に困っているのか」「どんな能力が残存しているのか」「どうありたいのか」

こうしたことを患者とコミュニケーションをとっていくことが大切です。


あと「怒ったところで回復が早くなることはない」ということも覚えておきたい。


高次脳は人それぞれです。

周りの人は柔軟に対応していくことです。




それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



<スポンサードリンク>






帰りたい、けど帰れない。理想と現実の間で考える医療。

f240b07153be2901a50dcd41f378b26d_s (1).jpg


脳卒中は突然やってきます。

突然だから本人は混乱しますし精神的に不安定になります。一見、脳卒中になった患者さんで特に精神的な動揺がないようにみえても、内心は動揺しているものです。「急性期病院だけで終わりじゃないんだ…」「まだまだ帰れないんだ…」「今後、どうしよう。今の仕事は…」など不安な内容は人それぞれ違うでしょうが、事の重大さは医療を知らない方でもなんとなく感じるものです。

脳卒中になった方は症状は人それぞれ違います。同じ脳梗塞でも患者によって症状は全然違います。

脳のダメージで頭がシャキッとしなかったり、見当識障害といってここがどこか分からなくなったり、今の自分の置かれている状況が理解できなくなったりすることがあります。

自分がどういう状況なのか、社会の中でどういう立ち位置なのか、患者自身の思いは?そしてこれらが理解しずらい状況に置かれた患者さんに、医療はどう向き合えばいいのでしょうか。




◆ 「帰りたい」その一心で病院から出ようとされるある患者さん。
23724db03337cb7b0dfc5f2793b9e444_s (1).jpg

ある高齢女性、脳梗塞を発症して急性期病院から回復期病院に入院してきました。

彼女はたどたどしい言葉しか話すことができなくなりました。しかも高次脳機能障害もあり、自分の置かれている状況や病気について理解ができていません。どうしてここ(病院)にいるのか、どうして家じゃないところに毎日毎日いなければならないのか、理解できていません。食べたり、歩いたりすることはできます。


彼女は「帰りたい」と強く思っています。


何度も病院を出ようとします。でも勝手に病院を抜け出したり、退院をすることはできません。

退院した後の生活をどうするのかを決めておかないと退院はしませんから。しかも後遺症の高次脳機能障害や麻痺があり、片手が使えない状態です。だからリハビリをしに回復期病院に転院してきました。


「帰りたい」と涙を流す彼女の気持ちを考えると、荷物を袋に詰めて身支度をして勝手に帰ろうとする彼女を見ていると、人情が沸いてきます。「もう帰らせてあげたい」「訳が分からないまま病院にいるんだもんな。元の生活の場に戻りたいよな」本当は帰らせてあげたいんです、医療者も。

でも先ほど言ったように障がいがあるので、安心して退院できるようにサポート体制を整えてから退院しないと、後あと大変なことになるから、それが整うまで帰れない。。。


結局いつもスタッフになだめられて、病室へ戻されます。

当たり前といえばそうかもしれませんが、彼女にしてみれば、理不尽なことなのでしょう。


◆ 独居、身寄りがない、突然の病、これからの生活をどうするか。
4625add52ed7a4c076dbe227e174abe8_s.jpg

問題は「退院後の生活をどうするか?」に尽きます。

タイトルのような患者さんは、退院後、安心して暮らしていける場所はどこか?家族や病院スタッフ、福祉スタッフ等でカンファレンスをして意見を出し合います。

家族といっても、いなかったり、遠方であったり、実質面識がなく疎遠な関係で家族とは言えないような家族もいます。

司法書士や弁護士が後見人に選任される場合があります。


症状にもよりますが、施設に行くことになり、結局家に帰れない場合があります。


そうしたとき、「帰りたい!」と強く願っている患者の心とは逆の結果になります。


それでいいのか?!と思いますが、安全を優先した結果だからです。


患者の気持ちと現実を考えると、本当に心苦しく思います。私は本当は患者の気持ちを優先させたいんです。でも大人の事情でできない。いつも考えさせられることです。


◆ 本当ははやく退院させてあげたいんです。

病院は仮の場所。

その人にとってのホームに早く帰ることがなによりです。

しかし何度も言うように、もう戻れないこともたくさんあります。


本人が願ってもです。


病気がそうさせているのか、社会がそうさせているのか。

これで良かったのか、悪かったのか。


ハッピーエンドで退院できればそれでよし。

そうでない退院は複雑な気持ちになります。


みんなが治ればいいのですが。


病でなくても、老化があります。健康でもいつかは歩けなくなります。食べられなくなります。

長生きしたくないと思っていても、ぽっくり逝きたいと思っていても、救急搬送されて救急病院に入院したらもうそれで願いはかないません。延命します。家族が「もういいです」とならない限り延命します。人工呼吸器をつけられたりしたら、家族が「もういいです」といっても取りません。必ずしも「はい、これでもうまったくなにも医療行為をしません」というわけにもいきません。


患者ファーストといっても、患者の思いをそのまま現実の医療福祉に当てはめることはないということです。

本当は家に帰してあげたいと私は思いますが、こうした現実があるということです。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>







左側半側空間無視という症状について。聞いたことありますか?

a33f8c59f5b32f061325d76c7d5e4cd3_s (1).jpg


脳は体のありとあらゆることをコントロールしています。

脳は外部からの刺激、感覚をキャッチしてそれが何であるのかを瞬時に判断します。

たとえば皮膚に針をチクッと刺すと、刺された皮膚から痛みの刺激が神経を通って瞬時に脳に届きます。針で刺された刺激は脳で「これは痛い!まるで針で刺されたかのような痛みだ」とどのような感覚なのかを判断します。

ここまで1秒もかかりません。

どのような感覚なのかは、過去の経験、知識から引っ張り出して「うん、これによる刺激だろう」と脳はどんな刺激かを判断します。

皮膚からの情報だけでなく、もちろん目からの情報も脳はそれが何かを瞬時に判断しています。

でもその判断をする箇所が壊れてしまったら…

目から入ってきたモノが判断できない、分からないということになります。

今回は「半側空間無視」という症状についてのお話です。




◆ 見えているが、それを脳が処理できないから結局見えていない。

ce40ce48ebbaf73cf3bd791c83c53cb7_s (1).jpg


脳にダメージがあると、こんな不思議な症状が起きることがあります。

「空間無視」は、見たものを「無視」します。

これは右側、左側というように、見た空間の半分を「無視」します。


視覚というのは、目から入ってきた映像を後頭部にある後頭葉という脳の場所で処理します。

後頭葉は海馬や頭頂葉など他の脳部位にある経験や知識と結びついて、それが一体何なのかを判断します。

こわい蛇ならすぐに逃げなくっちゃいけませんし、車が猛スピードでこっちに向かってきていたら危険に備えてすぐに逃げれるように構えないといけません。

このように脳はただ単に物だけを認識しているだけでなく、もっと深く分析をして、それが安全なものか危険なものかなども同時に瞬時に判断しています。


そして空間無視は視力が悪くなって見えないのではなく、ちゃんと見えています。

目から視覚情報が脳にちゃんと届いています。視神経も通常問題ありません。

が、しかし。

視覚情報が届いた先の脳がダメージを受けているために、映像処理ができない。そのため、あたかも「見えていないように」なってしまっています。そして見えていないゆえに、無視しているかのような態度をとってしまいます。

この空間無視は圧倒的に左側が多いです。

それは右側の脳は左側しか認識しないためです。

ちょっとややこしいのですが、脳は中で神経がクロス(交差)していますので、右目からの視覚情報は左の脳、左目からの視覚情報は右の脳が担当します。

右の脳にダメージがあれば左目からの情報が処理できず、左側半側空間無視になります。

左の脳にダメージがあれば右目からの情報が処理できず、右側半側空間無視になりそうですが、ならないことが多い。これは左の脳は左右両方の視覚情報を処理できるからとされています。右目からの情報も弱いながらも処理して認識できる。だから、右側半側空間無視は少ないのです。あっても無視の程度は弱いことが多い。


というわけで、半側空間無視は圧倒的に左側が多いのです。


◆ 歩いたりすると頭をぶつけたりして危険なことも。

左側が見えないので、しかも注意がいかないので、もし左側に看板があるとか、物が置いてあるとかだとぶつかって危ないことがあります。

実際に左の額をぶつけてケガをした患者さんがいます。

なので、建物の中でも危ないのですが、外の世界はもっと危ない。

とにかく左側に注意がいきませんし、見えない状態ですから、溝にはまる、人にぶつかる、自転車に当たる、物に当たるなど、危険は家の中の比ではありません。


自動車の運転はやめた方がいいでしょう。


移動時の危険だけではなく、日常生活のいろんな場面で困ったことに遭遇します。

料理をしてて、左にある食材や調理器具に気付かない。(これも危ない)

ご飯を食べている時、左側に置いてある皿に気付かずそれだけ食べない。

普段から左手がどうなっているのか、いまどんな場所にあってどんな姿なのか、なかなか気にしないので左手を怪我するリスクがある。

左手に持ったカバンや袋を、すぐに落としてしまう。


というように、とにかく左側が無視されまくります。


◆ 周囲の理解があれば生きやすくなります。

7c4027df97368e23a0b946d9be62afd2_s.jpg


「そんなの本人が左側を気にしていればいいんじゃない?」

「常に本人が左側を意識するようにクセをつければいいんじゃない?」


と思うかもしれませんが、ことはそんなに簡単ではありません。

空間無視はなかなか手強い症状です。

注意障害でどうしても左側への注意がいきません。人によりますが、左側半側空間無視があり、頭脳はしっかりしている麻痺のない患者さんがいました。

しかし本人はなかなか左側へ注意がいきません。左にある物にぶつかったりします。

本人は「私は左が見えない。左側に注意がいかない。だからいつも左側へわざと大きく振り向いて注意しないといけない」と分かっていても、左側を無視します。

まるで左を無視するクセがついてしまったかのようです。


なので本人の努力もさることながら、周りの人の理解とサポートがあればより安全に暮らすことができます。

半側空間無視は、見た目では分かりにくい。

でもそういう症状があります。

ちょっとお皿を右側に寄せてあげるとかすれば、お皿に気付いてちゃんと食べられます。


その人の症状の程度を周りが理解すれば、本人はきっと暮らしやすくなるはずです。

このような症状があるんだということを、ぜひ知っておいてください。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>







脳卒中リハビリテーションに必要なもの-時間とリラクゼーションと栄養について。

0f225b394388dd4a1df0b228ae87df64_s (1).jpg


脳卒中リハビリテーションに必要なことはたくさんあります。

たくさんありますが、今回は時間とリラクゼーションと栄養の3つについての話です。




◆ 回復には時間がかかるもの。だから待ちましょう。

11281419439a91db0b4b6cb09d9f0299_s (1).jpg


脳は神秘な臓器です。

以前は一度壊れた脳は修復しないと言われていました。ある機能をつかさどる部位にダメージが起きると、その機能は永遠に失われるという。

しかし最近の研究では、脳はダメージを負ってもなんとかしようとあれこれ方法をとろうとすることが分かってきました。


脳卒中リハビリテーションを行っている患者さんで何年かリハビリを継続している方なら、実感する人がいると思います。

去年の自分より今年の自分のほうが少しではあるけど回復していると。


脳がダメージを負うと、脳は「こりゃ大変だ!!」とパニックになりますが、段々と落ち着きを取り戻してきます。そして今までなかった新しい血管を作って伸ばしていき、新しい脳細胞を構築して失った機能の代わりを作ろうとします。


実際に、脳卒中で言語障害が出たにもかかわらず、時間が経過して、急にしゃべり始めるという例があります。その人の脳を画像診断すると、脳卒中でダメージを負った方の脳(言葉をつかさどる左脳)とは反対側の、右脳の中に新しい血管ができて血液の供給を受ける新しい組織が誕生し、言語刺激に反応して血流が増えるということがあったそうです。


脳は時間の経過とともに修復しようとします。修復できないようなダメージは、別の脳細胞がその代わりをしようとします。

これは個人差があり、どう変わっていくのかは確定的なことはいえません。

脳の血管には側副血行路というのがありまして、脳細胞につながる主たる血管がダメでも、別の細い血管がつながっていてそこから血液の供給を受けることができるようになっていきます。

脳画像で半分の脳がダメージを負う大きな脳梗塞を起こした患者さんなのに、不思議とちゃんと歩けるしこちらの言っていることが分かったり、ご飯もちゃんと食べられたりする方に会ったことがあります。

これほど大きな脳梗塞を起こしたにもかかわらずこのように意外と軽い?症状なのは、おそらく側副血行路がよく発達した方なのだろうと推測されます。ダメージの周りの毛細血管が発達して、うまく血液の供給がされているのでしょう。私は脳画像と症状がこんなにも合わないことに非常に驚いたものです。


リハビリは時間がかかります。

その長い時間をかけたリハビリはきっと成果がでるはずです。ただダラダラとリハビリをするよりも、目的意識を持って、まるでアスリートのように自分の高い目標を持って「必ず勝つんだ。メダルを取るんだ」という自分の課題がちゃんと分かっている方は、そうでない方よりも成果が出やすいです。

脳は自分で修復しようとがんばっていますが、それをより強化しようとするならリハビリを頑張るしかありません。


だから病院にもいます。ただ単にリハビリ入院をしてきた患者さん。何年も集中リハビリ目的で何度も何度も入院してきますが、一向に成果が出ない人がいます。

そういう人にはある共通した特徴があります。


自分でできるのに、自分でやらない人です。

自主トレをしない人です。

集中リハ目的で入院しているのに、空いている時間、歩けるのにずっと車いすやベッドの上にいてTVを見て、自主トレをしない人です。


◆ リラクゼーションと脳卒中

600e3d9dea3e74910088e5c04565d72b_s (1).jpg


脳卒中後は、筋肉の過緊張が起こりやすい。

たとえば足が異常に突っ張るとか、腕が固まってしまって肩が上がらないとか。

こうしたことから解放させるために、リラクゼーションが大切です。


リハビリを受けたことがある方ならよくお分かりと思いますが、セラピストは運動をする前に患者さんの関節を動かしたり筋肉等のマッサージをします。

脳卒中リハでは特にこうした緊張をほぐすということが大切です。


患者さんの筋のこわばり具合にもよりますが、立っているけど自分がしっかり立てているか分からないことがあります。また、何もないのに突然よろめくことがあります。次の動作をしたときにどういう危険な状況になるのか予測ができず怖くて一歩を踏み出せないことがあります。

こういうことがあると、よけい筋が緊張して硬くなってしまいます。


だからリラクゼーションは重要です。

傍目には気持ちいい事をしてもらっている「あん摩」のように見えるかも知れませんが、リハビリをする上で大切なことです。


◆ 脳の修復に栄養が必要です。

a6f2fd9278697328926256c9399f337d_s (1).jpg


ダメージを負った脳は修復のために栄養を欲しています。

栄養のあるバランスのとれた食事をしっかりとりましょう。


壊れた脳を修復するには、たんぱく質、糖分、脂肪、カルシウムが必要です。たっぷりとりましょう。


食が細いと筋肉の付きが悪くなります。私は元ボディビルダーでありますので、運動する人はしっかり食べることが大切であるといつも言っています。


それと興味深い話があります。

「脳卒中後うつ」というのがありまして、脳卒中になった後うつになりやすい傾向があります。脳卒中になった方の約30%がなるという報告があります。

そして、「肉を食べてトリプトファンを摂れ」という話です。

トリプトファンは精神安定作用のセロトニンの材料です。

肉、魚、乳製品、ブラックチョコレート、豆類、玄米、ブロッコリー、大根などトリプトファンを豊富に含む食材を食べることが、うつの予防になるというのです。


突然脳卒中になり、今までの自分の身体と違ってしまうことは精神的にも大きなダメージになります。

病気を受け入れられず鬱傾向にある方には、ぜひこうした食品を多く食べてもらいたいと思います。



時間・リラクゼーション・栄養

これらは脳卒中リハビリに大切なことです。

あせらず、でも着実に継続していきましょう。



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



<スポンサードリンク>







うまく話せないとはどういうことか。失語患者の傍にいて思うこと。

e0b38ab94c891cd4fed1cd5d027766ea_s.jpg


失語という症状をご存知でしょうか。

失語は大きく二つに分かれます。

頭では分かっているけどうまく言葉が口から出てこない運動性失語。

まるで外国にいきなり瞬間移動したように言葉がわけわからんようになる感覚性失語。

タイプは違いますが、どちらも上手く対人コミュニケーションができなくなります。

多くは脳卒中によって起こる症状です。

このような患者さんのそばにいると失語という症状が患者に与える影響を考えさせられます。

ではどういう問題があるのでしょうか。




◆ 運動性失語では頭はしっかりしているのに、しゃべれない人と周りが敬遠する場合がある。

7c431eefea5db26f1feb1e97a94b97e2_s.jpg


このタイプの失語は、頭では相手の話す言葉は分かっていて理解もちゃんとしているのですが、自分が話すことが難しくなります。

「あ・・・、あ、あ、・・・・あのー、えー、あ・あ・」

というようにしゃべろうとするが言葉がなかなか出てこなくなります。

本人は一生懸命にしゃべろうしゃべろうとしますが、なかなか言葉が出てきません。

そのうち、あんまり出てこないもんで本人は話すのを止めてしまうこともあります。話すことがとても大変なので、諦めてしまうんです。

本当に気の毒です。


このように本人も話すことが大変でより一層話さなくなってしまうこともあります。さらに周りの人が勘違いして「この人は話すことができなくなった」と思って本人に話しかけることがなくなったり、「話すことができない」ということを「理解もできなくなった。頭も悪くなった」と勘違いして家事や散歩など何もかもやらせないようにしてしまうということがあります。


このタイプの失語では、ある程度はしゃべれるとか、まったくしゃべれないとか、人によって程度の差があります。

ですが、いづれにしても本人の中では今まで通り聞こえており理解しています。

このことを周りが理解することです。

できることまで取り上げないことです。


◆ 感覚性失語ではお互い会話が成り立たないことがあり、社会性が失われる場合がある。

このタイプの失語は本人から発せられる言葉がかみ合わないということです。

たとえばいきなりロシアに瞬間移動したような感じでしょうか。

ロシアに瞬間移動したあなたは日本語しか話せません。ですが周りはロシア語しか話せない人ばかり。文字もロシア語で書いてあるので読めません。

ロシア人もあなたが日本語しか話さないので何を言っているのか分かりません。

お互いしゃべっているのですが、双方が理解できないでいます。

流暢にしゃべるのですが、内容がさっぱり分からないのがこの失語の特徴です。


このタイプの失語では言葉だけでなく日常生活がうまくできなくなることも多い。

単に会話が成り立たないだけで日常生活が送れる人もいますが、会話だけでなく着替えるとかルールを守るとかエチケットを守るとかそういうことができなくなるパターンもあります。


感覚性失語では本人が話す内容がめちゃくちゃなことがあり、運動性失語よりも周りの評価が悪いことがあります。

実際にこういう症状の人と会話をしたことがある方ならお分かりと思いますが、本当に会話が噛み合いません。

私「おはようございます。今日の体調はいかがですか?」

本人「兄さんが行こうとして、今日は安いからよく寝て、帰りました」

このような会話になってしまいます。

まったく意味不明で噛み合いません。

これが感覚性失語です。


家に一人で置いておけないと家族から心配されるし、電話にも出られません。

近所の人がやってきても会話できませんし、むしろ「あの人は頭がおかしくなった」と思われて被害を被る可能性があります。宅急便や郵便の受け取りもできない可能性があります。


こうした社会性が失われてしまう可能性が非常に高いため、孤立する患者は多くいます。


◆ 働き盛りでは失職したり、再就職が難しい場合がある。

20代、30代と若い世代の人がこのような症状を持った場合、高齢者とは違った問題があります。

現役世代の中でも20代30代は介護保険が使えません。

障がい者として申請することになるでしょうが、生活の保障が手薄です。

高齢者のほうがむしろ手厚い保障制度になっています。

こうした問題は「谷間の障害」と呼ばれ、若い世代の社会福祉がいかに弱いかを物語っています。


私はこのような若い人がこうした症状になって家族が苦しんでいるのを見てきました。

30代の夫が脳卒中で失語になり、子どもが3人いて今後どうやって暮らしていこうか苦しんでいるのをみました。

まだまだ生きていかなくてはならない若い世代を支える制度を国民みんなが考えて創ってほしいと思います。




それでは最後まで読んでくださってありがとうございました。

<スポンサードリンク>









Copyright © 回復期リハビリテーション男性看護師のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます