cde8f116aaf17c3478ba7d88bf965f07_s.jpg


5月に入り転職してきた看護師さんは、どうでしょうか?

もう慣れてきましたか?


今まで勤務していた病院とはやり方が違うので戸惑うことも多いのではないでしょうか。




◆ 今までのやり方とちょっと違うのは当たり前。自分のほうが馴染んでいこう。


私も病院を転職した身ですから、よく分かります。

前の病院とはやり方が違うことがいろいろあるものです。

転職した身としては、それが相当なストレスになるんですよね。

わかります。

わかりますが、そこはグッとこらえましょう。

なぜなら、「前の病院ではーーー」と言っても何も変わらないからです。

変えたい気持ちは分かりますが、それは無理というものです。

変えようとすると、かえって周りの反感を買います。


そこにこだわるよりも、自分自身を今の職場に馴らしていきましょう。

考え方を変えると、今までよりも違うやり方を学べるじゃないですか。

どっちがいい方法かは、今のやり方をもう少しやってみて、両方のやり方をマスターしてから提言しても遅くはありません。

むしろ両方に精通してから改善を提案したほうが説得力が出るってもんです。


なので、今は今のやり方をマスターすること。

転職経験のある私からのアドバイスです。



◆ まずは仲間から。自分から話しかけていこう。

pc_or_212-090_350A.jpg


まずは人間関係が一番重要です。

多少忙しくても、多少嫌なことがあっても、職場の人間関係が良好であれば我慢できるものです。


なので、職場の仲間とたっぷりコミュニケーションをとるように心掛けましょう。

多少苦手な感じがする人でも、勇気を出して話しかけましょう。案外いい人だなって気づくこともあります(笑)

人間関係を良好にするためには、前の病院のやり方に変えようという姿勢ではうまくいきません。

まずはおかしいなと思っても現場のやり方を一緒にやる。そのあとで「今はこうしていますが、・・・」と言う提案をするという順序を経ていくのが得策です。


じっとしていてはなかなか輪に入れない場合もあります。

自分からどんどんコミュニケーションをとっていきましょう。


◆ 嫌だ嫌だは、周りも気づく。まだ始まったばかり、努力を続けよう。

kangoshi2.jpg


私が転職する人に申し上げたいことは「100%の職場はない」ということです。

そう、100%自分の思い通りの職場なんてないのです。

たとえ一流企業であれ、入ってみればどこか嫌なことがあるでしょうし、不満もあるでしょう。

そういうものです。


だからもし、転職して「あっ、しまったなあ。失敗したかも」と思っても、がっかりするのはまだ早いです。


それを乗り越える努力を続けましょう

ちょっと嫌だからとまたすぐ辞めていては、自分に耐久性が付かなくなります。

嫌なことは生きていればついてくるものです。

それに対する抵抗力をつけないと、いつまで経っても強くなれません。

一生転職をずっと繰り返すわけにもいきません。


なので、多少の嫌なことは付き物です。


それくらいの気軽な気持ちでいきましょう。


それではではでは最後まで読んでくださってありがとうございました。



タグ